編集・コメントしたい方はこちらでどうぞ。

概要

出題数が多く、禁忌も多いという超重要科目。時間の無い人でも、この2科目だけは予備校の講座とクエスチョン・バンクをこなしておきたい。特に産婦人科は、分娩過程のイメージがわきずらいし、婦人科腫瘍のStage分類(これはあまり出題されないが、過去問にはある)もややこしい。病気がみえるも携帯して確認するのがよい。

クエスチョン・バンク小児科はかなりの分量があるが、これは全科の復習にもなるので、できれば解いておきたい。小児科の教科書は少ないが、国試マニュアル100%を使って最終確認をするのがよい。

コメント