編集・コメントしたい方はこちらでどうぞ。
精神科
精神科
皮膚科
皮膚科
眼科
眼科

解説

医学教育出版社が発行する医師国家試験対策本。マイナー科目の要点をまとめている。メジャー科目はSTEPシリーズでしっかりと病態生理を学び、マイナー科目は本シリーズでポイントだけ抑えるという人も多い。マイナー科目は国試出題数も少ない科目があり、STEPシリーズではオーバーワークと感じる人も多いのだろう。

本シリーズは、導入解説と暗記用データで構成される。chapterごとに解説→覚えるページとなっており、暗記がしやすい。また、語呂合わせもたくさん載っている。簡潔な文章で重要事項が整理されており、初学者に最適である。また、図を用いた解説も多くある。この辺りは、STEPシリーズを上回っていると感じる。知識0から始めても、国試対策はこの本の知識で十分である。国試の勉強を始める際のインプットに使う。本書を読んだ後に、クエスチョン・バンク等の問題集を解くと、知識の定着率が格段に上がる。

あまりお勧めできないのは「産婦人科」である。この分野は国試出題数が多く、しっかりと病態生理を学んだほうがよい。そもそも国試では婦人科と産科に分かれており、50問近く出題される。それを薄い一冊にまとめてしまっているため、かなり物足りない出来となっている。

データ

volページ数出版社発売日価格Amazon
1精神科2672011/103,150円
2小児科3242013/103,465円
3皮膚科2232009/063,150円
4麻酔科・救急2962010/11
5整形外科2572011/063,150円
6産婦人科2312011/023,465円
7泌尿器科1792009/012,940円
8耳鼻咽喉科2652011/123,150円
9眼科2152011/09
10放射線科2512009/063,045円

コメント