概要

医師国家試験対策用の問題集。基本的に5年生以降に必要となる。
臨床科目を初めて学ぶ4年生以下でクエスチョン・バンクを使用すると難易度が高く感じられ、学習効率が悪くなってしまう。また、この時期からクエバンを使用してしまうと、国家試験対策の時に使う問題集がなくなってしまう。よって、低学年の時期はクエスチョン・バンクはひとまず置いておいて、大学の授業に沿った疾患理解を進めていくことが大切である。そうすることで、幅広い知識を身に着けることができる。

詳しくは医師国家試験対策室のクエスチョン・バンクページ