編集・コメントしたい方はこちらでどうぞ。
皮膚科
皮膚科

解説

医学教育出版社の出版する国試マニュアル100%と連動した国試対策問題集。マイナー科を扱った問題集であり、各科目100問を厳選し、見開き左ページに問題、右ページに解答が掲載されている。国史対策用の導入、基礎知識確認に向いている。問題数は少ないが、自分で書き込む場所十分にあるので、問題に関連する知識などを書き込んで整理するなどして使える。国試を意識した臨床科目の貴重なアウトプット用問題集なので、卒業まで使えるのがいいところである。

マイナー科はCBT、医師国家試験においてもウエイトが低ため、短時間で仕上げたい人に向いている。問題形式なので一冊やり終えた後の効果は結構高い。分量的には定期試験でも使えるぐらいまとまっているため、100問ノススメ+授業プリントとかでも十分定期試験は突破できると思う。

ただ、産科と婦人科は医師国家試験ではそこそこウエイトが高いため、100問ノススメだけで仕上げるのは危険である。STEPシリーズを利用して病態生理を学んだほうが効率が良い。

欠点をあげるとすれば、解剖図が少ないことである。

データ

vol発売日価格Amazon
1精神科2006/083,045円
2泌尿器科2006/02
3皮膚科2004/123,465円
4眼科2005/02
5整形外科2006/073,150円
6産科2008/092,205円
7婦人科
8耳鼻咽喉科2006/023,255円
9放射線科2005/123,360円
10必修・禁忌・臨床問題2001/12

コメント

コメント