編集・コメントしたい方はこちらでどうぞ。

概要

近年の医学部難化や医師国家試験対策予備校の進出により受験生のレベルが格段に上がっている。それに加えて必修という不確定要素の多いパートが存在するため、安全圏を維持するためにはかなりの量の勉強をこなさなければいけない。そうしたことを考慮し、下記の勉強の流れは、「しっかり勉強する人」をメインとするため、クエスチョン・バンクTECOM講義を併用したモデルを紹介する。

勉強の流れ

5年生

5年生のうちは講義受講+ノート作成+SELECT問題集1周。クエスチョン・バンクには手をけない。
ノート作成の際はスペースに余裕を持って作ると後に付け足しができてよい。夏までにメジャー4科目、秋までにその他の科目を一通り視聴できるといいぺーす5年生のうちにSELECTの問題を1周できるとよい(講義とは別に)。
マイナー科に関しては講義なしでクエスチョン・バンクだけでもいい。

6年生

クエスチョン・バンク3周が目標。模擬試験はMEC2回、TECOM2回を目標とし、復習もおこなう。

4月〜10月

1周目:夏まで(マッチングや卒業試験で忙しいとは思うが)
2周目:10月まで
各周回が終わった後は、STEPや病気がみえるを読み込んで病態生理を理解する時間を設ける。それによりクエスチョン・バンクの解説を読んでもあやふやであった個所が明確に理解できることとなる。また、次の周回の際にはより問題の理解度が上がり、勉強効率も高くなる。

11月〜12月

クエスチョン・バンク3周目:12月まで
11月に公衆衛生の勉強を本格的に開始。おそらくそれまでに卒業試験で一通りの勉強をしていると思うので、クエスチョン・バンク公衆衛生は2周で十分。余裕があったら1周目と2周目の間の期間にサブノートを通読する。
クエスチョン・バンク公衆衛生の発売が11月なので、それ以前に卒業試験対策などで必要な場合は前年度の問題集を安く購入して解いておいてもよい。

1月〜2月

  • 直前期概要
    何をやるにしても直前期はかなりの勉強時間が必要。コツコツ勉強してきた人でも、直前期はある程度追い込まなければいけない。というのも、医師国家試験の試験範囲がかなり広いため、直前期に一度見ておかないと記憶があいまいになってしまうからだ。近年の国家試験ではかなり細かくて正確な知識を問う問題が多く出題されているため、正確な知識をストックして試験に臨まねばならない。
    直前期にわからなかった問題や知識は確実にノートに記載しておき、定期的に眺める。そうすることで知識の穴がなくなり、より完璧な状態へ持っていくことができる。
  • 勉強内容
    回数別開始。5年分解きたい人は12月の下旬ぐらいから始めたほうがよい。回数別の復習は入念に。108回でも複数の問題がリバイバルした。
    回数別以外のこの時期の勉強スタイルは2タイプに分かれる。
    予備校の直前講座主体
    ターゲット、ファイナルターゲットなどの総仕上げ系講座をやり込む。ある程度仕上がりに自信があったり、逆に時間が無くて効率的な学習を求めている人はこのタイプ。

今までの総復習をする
クエスチョン・バンクなど、使った教材を直前期にもう一度見たい人はこの方法を取ると思う。これをやるにはかなりの時間が必要。

試験1週間前

知識の整理・確認に時間を割く。レビューブックを使うと確認作業がスムーズである。

  • 前日講習
    学校割引があるとおよそ12,000円。
    問題漏洩などという噂が毎年流れるが、それを期待して受講すると期待外れとなる。問題が漏洩していたら大事件であるし、世の中はそんなに甘くはない。
    しかし、そうしたことを抜きにしても受講する価値はあると思う。予備校講師陣が真剣に予想したものを提示するのでたまに当たったりするし、良い復習にもなる。講義の形式も問題を解いていくものではなく講師の解説形式なので、それほど疲労は溜まらない。

コメント