#contents

*精神科で学ぶこと [#u02ba26f]
 精神病圏(統合失調症)、気分障害圏(うつ病、双極性障害)、認知症がメインの疾患であるこの3分野に関しては、疾患概念に加えて薬理や検査を把握しておく必要がある。他には、神経症圏(不安障害、適応障害、PTSD)、発達障害圏(ADHD)などがあるが、学生レベルでは深い知識は求められない。意外と一般常識で解けてしまったりする。
 治療に関しては薬物療法だけでなく、精神療法がかなりのウエイトを占めており、こちらも暗記しなければいけない。しかし、精神療法の数はそれほど多くないうえ、適応は多くの疾患にオーバーラップしているため、厳密に覚える必要はない。例外だけ覚えておけばいい(統合失調症に精神分析療法はダメなど)。また、精神科では法律とのかかわりも少し出てくるため、そのあたりも整理しておく必要がある。医療保護入院、措置入院、応急入院などの要件は必須である。
 人によるかもしれないが、精神科は複雑な病態生理が無いため比較的覚えやすいという人も多い。また、うつ病やPTSDなどはもはや身近な話題であるため、他教科に比べてとっつきやすい。簡単な割に[[医師国家試験:http://wiki.holy.jp/kokusi/]]では出題数が多く、毎年25問程度となる。確実に得点できるように知識を整理しておこう。

*精神科教科書の選び方 [#a2d9c90d]
**通常学習 [#m78ff155]
テストに通るだけなら[[国試マニュアル100%]]で十分であるが、うつ病・不安障害などの微妙な症状の違いを理解しようとすると物足りない。そういう人たちは[[STEP精神科]]を使っている。[[標準精神医学>標準シリーズ]]は分量がかなり多く、少数派。
**レポート [#s1061f99]
[[カプラン臨床精神医学テキスト]]が世界的に有名であり、参考文献としてふさわしい。難しそうなら[[標準精神医学]]でも十分。詳細な診断項目を調べるなら[[DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引]]が使える。
研修医や精神科医志望であるならば[[現代臨床精神医学]]を使用してみるのが良い。精神科入局者の多くが用いている教科書であり、今後数年間にわたって使用できる。
[[カプラン臨床精神医学テキスト]]が世界的に有名であり、参考文献としてふさわしい。難しそうなら[[標準精神医学]]でも十分。詳細な診断項目を調べるなら[[DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引]]が使える。これは「操作的診断」の解説である。操作的診断とは「〜という症状と・・・という症状があれば〇〇と診断できる。」というような、精神科診断を一定の形式に落とし込んだものである。
研修医や精神科医志望であるならば[[現代臨床精神医学]]を使用してみるのが良い。精神科入局者の多くが用いている教科書であり、数年間にわたって使用できる。

*精神科の教科書一覧 [#xeb592de]
|分類|書名|
|要点|[[国試マニュアル100%]]|
|~|[[100問ノススメ]]|
|~|[[DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引]]|
|詳細|[[標準精神医学]]|
|~|[[カプラン臨床精神医学テキスト]]|
|~|[[カプラン精神科薬物ハンドブック]]|
|~|[[現代臨床精神医学]]|
|~|[[TEXT精神医学]]|
|~|実習[[精神科面接マニュアル]]|
|~|[[内科医のための精神症状の見方と対応]]|

*コメント [#s63bb48a]
#pcomment(,50,reply)