STEP循環器
STEP循環器

解説

循環器は病態生理が非常に重要なので、STEPシリーズのような豊富な文章で説明してある教科書は勉強しやすい。

他のステップ内科シリーズに比べて少し難しく書いてある気がする。ただ、図表が多いため、その分だけ何とか通読できる。循環器は、疾患だけでなく、心電図と不整脈も抑えなければいけないが、不整脈の分野の記述が今一つであった。

その他情報

・心不全の考え方はすばらしい。各疾患の内容も充実している。

・疾患の概念、病態を理解しやすい。

・小児科の先天性心疾患のところも詳しくのっている。

データ

書名著者ページ数出版社発売日価格Amazon
STEP5循環器高橋茂樹, 平山謙二, 上坂義和329海馬書房2006/124,935円

コメント