STEP精神科
STEP精神科

解説

冒頭部分の神経内科と重複している部分はあっさりしすぎていて読みづらいが、それ以降はすらすら読める。基本的な疾患を一通り解説しているので、定期試験で困ることはないだろう。精神科では、検査や精神療法の概念が馴染みなくて難しかったりするが、分かりやすく解説している。例えば、精神分析療法や森田療法の趣旨の違いがしっかりとわかるように解説されている。

欠点としては、以下のことが挙げられる。
・索引が貧弱
・冒頭の脳解剖がおざなりで、どの部位がどの機能なのかがわかりづらい。もう少しシェーマが必要。
・てんかんの脳波の解説が分かりづらい。

データ

書名著者ページ数出版社発売日価格Amazon
STEP精神科高橋茂樹307海馬書房2009/074,410円

コメント