Essential細胞生物学
Essential細胞生物学

解説

  • 「エッセンシャル」と呼ばれる生命科学の教科書。「Essential Cell Biology」の和訳版である。
  • 高校生物・化学から大学の発生学、細胞生物学への橋渡しとなる本である。分厚い本であるが、単元ごとに見るとコンパクトにまとまっており、図も多くて読みやすい。章末にはまとめの問題が付いており、試験対策にも使える。生命科学の教科書はエッセンシャルの質が抜きに出ているため、多くの医学生が使用している。
  • 重いので単元ごとに切り取って使うと持ち運びに便利である。内容はそれほど深入りしていないため、高校で生物を選択した人にとっては範囲の被るテーマも多いだろう。
    生化学の勉強をする前に読んでおくと理解が深まる。
  • 医学部学士編入試験の試験対策としても用いられる。

Good

  • 世界的に定評のある生物学の本。
  • 医学部以外にも理系学部の教養課程でよくつかわれている。
  • 医学部編入試験にも使える教科書。
  • 白質の転写・翻訳のあたりは日本の他の教科書に比べて大変わかりやすく・かつ詳しい。
  • 図表が綺麗なためイメージを把握しやすい。

Bad

  • 生物をほとんど勉強していない人はとっつきづらいかも。
  • 大学1、2年生レベルに適しているが、それ以上勉強しようと思うと別途専門書が必要。

データ

書名著者ページ数出版社改訂価格
Essential細胞生物学Bruce Alberts870南江堂約5年8,400円

コメント