概要

出版社朝倉書店
著者600名
ページ数2534
出版年2017年4月11日
価格28,944円
amazon

解説

 内科分野の全てを網羅し、医学を学ぶ上での柱となる教科書である。医学生の間では「朝倉内科学」と呼ばれ、絶大な支持を得ている。簡潔な記述と高い網羅性により、ハリソン内科学と並ぶ内科学総合教科書となっている。ハリソンと比べると図や表が多く、フルカラーであるためビジュアル面に優れている。2009年に第9版が出版され、より洗練された内容となった上、教科書的なレベルを超えるものが削減されて読みやすくなった。2017年に第11版が出版され、デジタル付録がつくようになった。
 周りを見渡した感じ、使う使わないにせよ、とりあえず手元に朝倉内科学を置いておくといった人は多い。
 朝倉内科学のコンセプトとしては「内科学全般をさらっと記述した」といった感じである。これだけ分厚い教科書を見ると「医学生が学ぶこと、授業で取り扱うことは全て書いてあるのだろう」と思いがちだが、そうではない。むしろ、掲載分野の多さに比べると、ページ数は少ないと見るべきである。例えば、膵臓の膵嚢胞の辺りは私の大学の授業では詳しく学習したが、朝倉内科学では追いつかず、STEPシリーズ病気がみえるを併用しなければいけなかった。
 しかし、だからと言って本書が不要というわけではない。医師国家試験に十分対応し、最低限必要なこと(いわゆるEssential minimum)を知るために十分に役立つし、マイナー分野は朝倉内科学のみで試験をクリアできる。

更新

第11版

  • デジタル付録が初登場。コラム・ノート、図表など。
  • 心身医学、老年医学の項の追加。

第10版

  • 各論冒頭の「新しい展開」にて、第9版以降の進歩と変化を記した。
  • 入選疾患や子宮がんなどの婦人科系疾患、災害避難生活における疾患を追加した。
  • 分冊版にも各巻に総目次を追加した。

Good

  • 著名な執筆者に対しても原稿訂正を行いながら仕上げた一作品。
  • 国家試験によく対応している。
  • 図や表がハリソン内科学文光堂内科学?に比べて最も多い。
  • 改定を追うごとに断然と見やすさが上がっている。
  • 国家試験だけでなく専門医認定試験にも役に立つほどの情報量。
  • ハリソン内科学よりも試験対策に向いている。

Bad

  • 臨床的にあまり有用でない理由の一つには、非常に多岐にわたった疾患が大量に載っているが、「頻度順」ではないことが挙げられる。
  • 情報量が多すぎるため(個人的には多いというより、前段階の説明が少ない)、ある程度知識のある者でないと使いこなせない。

朝倉かハリソンか

朝倉内科学かハリソン内科学か
アンケート

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • とりあえずの一冊ということで、臨床講義の始まる前に勝っている人が多い。 -- 2015-03-24 (火) 21:22:28
お名前: