腎臓で学ぶこと

生理学で学んだ腎臓の機能(水電解質調節、酸塩基平衡、ホルモン分泌、蛋白質代謝物排泄)を基礎として、各疾患を学んでいく。ポイントとしては以下の通りになる。

腎臓尿路の解剖と病態生理
腎炎、ネフローゼ症候群の診断基準
腎機能検査の方法
血液浄化法
各種臓器の腫瘍
腎臓病理

疾患が非常に多く、紛らわしい名前が多いため、覚えるのにとても苦労する。膜性腎症と膜性増殖性、管内増殖性と管外増殖性、急性腎炎と急速進行性腎炎など似て非なるものばかり。ループス腎炎やネフローゼを引き起こす疾患を整理するだけでもかなり大変。記憶するためには、文字だけの分類にとらわれず、一つ一つの疾患をしっかりと理解することが大切である。

定期試験・国家試験で重要なものは腎臓病理である。腎炎6つ※に関しては画像一発で答えが出るように勉強しておく必要がある。
※微小変化群、溶連菌観戦後糸球体腎炎、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、IgA腎症、巣状糸球体硬化症

腎臓教科書の選び方

STEP内科4(腎・呼吸器)レジデントのための腎疾患診療マニュアルが人気である。Dr.ジンゾーの透析療法の初歩はこれ一冊ではさすがに試験対策は無理だが、理論の理解に大いに役立つ。

ある程度知識量がないと病気がみえる(未発売)を使いこなすのは難しい分野である。例えば、尿細管での電解質のやり取りを記号だけ見ていても、同じような図ばかりですぐに忘れてしまう。STEP内科4(腎・呼吸器)を用いて理論を学んで暗記するのがいいだろう。
また、蛍光抗体法や免疫染色の病理像は必須である。これはSTEP内科4(腎・呼吸器)だけでは補いきれないので、腎臓・腎疾患の病理アトラスなどを用いて図を見ておくとよい。図解腎臓内科学テキストSTEPシリーズと同レベルの内容であるが、組織写真がカラーで豊富なためお勧めできる。

私の大学ではMassry & Glassock's Textbook of Nephrologyを推薦図書にしていたが、果たしてこれを使う医学生は何人いるのだろうか・・・・

メインで使う教科書

選択肢 得票数 得票率 投票
その他
投票総数

※新規項目は「その他」の欄に記入すればリスト化されます。

腎臓の教科書一覧

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 腎内はとにかく病理。腎炎の病理像を一致させれば国試では心強い。 -- 2015-03-24 (火) 21:23:29
お名前: