小児科で学ぶこと

小児科では、新生児期から主に学童期、場合によっては思春期の成長発達過程を学ぶ。成人との比較をしながら、ほぼ全診療科にわたって身体的特徴や疾患を学んでいく。大学によっては「小児科」単体の授業を設けず、循環器感染症などの授業に付随して小児科を教えるところもある。その方が成人との違いを比較しやすいのかもしれない。

小児科教科書の選び方

全ての診療科目を含むため、小児科の範囲は膨大である。STEP小児科が詳しいとは言っても、小児科の範囲を考えると表面的である。小児科の場合は、各科の学習の際に小児科領域をきっちりと押さえていくことが大切である。教科書は、そのまとめのために読むのが目的となる。

医学生の中ではSTEP小児科国試小児科学標準小児科学が支持されている。標準小児科学が頭一つ詳しいが、基本はどれも変わらない。国試小児科学医師国家試験まで使えるため便利である。

メインで使う教科書

選択肢 得票数 得票率 投票
その他
投票総数

※新規項目は「その他」の欄に記入すればリスト化されます。

小児科の教科書一覧

分類書名Amazon
要点国試マニュアル100%
エビデンスに基づく小児科 総合診療編?
詳細STEP小児科
国試小児科学
標準小児科学
ワシントン小児科マニュアル?
成書ネルソン小児科学?

コメント