循環器で学ぶこと

循環器疾患の分野では心臓病の病態生理を中心に学んでいく。主要な疾患を挙げると、虚血性心疾患、心膜心筋疾患、弁膜症、不整脈、大動脈・末梢血管疾患、高血圧、先天性心疾患があり、臨床医学の柱となる分野である。これらの疾患を学ぶ上では、まずは心臓の解剖が必要不可欠である。解剖が分からずに文字だけ見ていても全く記憶できない。例えば、心雑音・過剰心音の分野では、どういった弁膜症の時にどのような心雑音が聞かれるのか、恐擦諒裂の仕方はどうなのかを細かく暗記しなければいけない。これらを文字だけ見て覚えるのは不可能である。心臓の解剖、弁の動きをイメージしながら考えることでどのような雑音が出てくるのかを導き出すことができる。
循環器は特にそういった「解剖から導かれる理論」が重要であり、学習の際には模式図が不可欠である。

循環器教科書の選び方

総論

以上のことを考えると、テキスト主体の教科書一冊、図の豊富な教科書一冊を手元に置くのがいい。図の豊富な教科書といっても病気がみえる2・循環器しかないので、この本の利用価値は高い。心臓の解剖に始まり、心電図などの検査所見の解説も多く盛り込まれている。病気がみえると内科学(朝倉書店)があれば十分である。

もう少し詳しく勉強したい人は朝倉内科学ではなく、心臓病の病態生理を使用するとよい。ハーバード大学の学生と教官が作り上げた良書である。いずれにしても病気がみえる循環器は手元に置いておいたほうがよい。STEP内科5(循環器)でもいいが、カンタン教科書を2冊買うよりは朝倉内科学などの成書を一冊持っておいたほうが調べ物の際には便利である。

心電図

心電図は循環器難所の一つである。学生レベルであっても、心電図は心電図の本を買った方が良い。研修医ならば、その他に心エコー、カテーテル、最新治療の本を一冊ずつ持つ必要があるが、学生レベルではそこまでする必要はない。

心電図本に関して、本サイトにもいくつか掲載しているが、その中でもやさしい心電図がとてもわかりやすい。100ページそこそこであるが、1時間読めばぐっと理解度が高まる。もう少し詳しく学びたい人はわかりやすい心電図の読み方を使うとよい。

心エコー

学生レベルでは心エコーの専門書は必要ない。病気がみえる等に掲載されているポイントとなるエコー図を覚えておけば十分である。研修医レベルになれば心エコーの本は持っておいたほうが良い。本格的な本でもよいが、Dr.チサトの考えながら撮る心エコーなど、理屈と図説のバランスの良い本がとっつきやすいはずである。

メインで使う教科書

選択肢 得票数 得票率 投票
病気がみえる 4 66.7%
STEP 2 33.3%
その他
投票総数 6

循環器の教科書一覧

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 心電図・エコーの簡単な本を見ておくとよい。研修医となってからも使う。 -- 2015-03-24 (火) 21:21:11
お名前: