概要

マイナー科目はメジャー科目に比べて暗記量が少なく、病態生理もわかりやすいので、「定期試験突破」を目標に置いた場合は本格的な教科書の必要性は低い。知識量的には国試マニュアル100%シリーズで十分である。しかし、この本は知識の羅列であるので、授業をきちんと聞いていない場合は使いこなすのが厳しい。そうした場合はSTEPシリーズ等の教科書に頼らざるを得ないだろう。

確かに定期試験だけ考慮に入れれば、国試マニュアル100%100問ノススメのどちらか一方、もしくは授業プリントだけで十分である。しかし、医師国家試験を考慮に入れた場合、この定期試験の段階(多くは4年生)でSTEPシリーズを読み込んでおくと国試の勉強が大変楽になる。6年生で国試対策を始めると、メジャー科目のSTEPシリーズを読む時間はあっても、マイナー科目のSTEPシリーズまでは手が回らないことが多い。4年生時の貯金があると、クエスチョン・バンクの問題演習も捗る。

コメント