概要

出版社MEDSi
著者
ページ数3132
出版年2017年3月24日
価格32,184円
amazon

解説

 世界的な内科学書である「HARRISON'S PRINCIPLES OF INTERNAL MEDICINE」の邦訳版である。原著は2019年現在20版を数える。世界のゴールデンスタンダードは日本でも重宝されている。
 日本の医学教育においては朝倉内科学と並ぶ内科学の書とされている。朝倉内科学の方が図表、写真は多いが、情報量はハリソンの方が上である。本書はとにかく情報量が多く、ときには論文レベルの難しい内容までもが載っており、知的好奇心の旺盛な学生に多大な人気を誇る。反面、テスト等に対する効率的な勉強をしようと思うとポイントが絞れずに辛い思いをする。内科学を学ぼうと思うならハリソンで、試験対策をしようと思うなら朝倉内科学を選ぶといいかもしれない。
 朝倉内科学が「内科学全体をさらっと記述した」のに対し、ハリソン内科学は「内科学全体を深く掘り下げた」ものである。朝倉内科学簡易的教科書などのサポートを必要とするのに対し、ハリソン内科学は一冊で十分定期試験や医師国家試験に対応できる情報量を兼ね備えている。
 ただし、問題点は日本基準ではないことである。情報量は十分でも、本邦の基準に合っていないと使いづらい。例えば、本邦とアメリカでは各疾患の疫学は異なるため、重点を置く疾患が異なる場合もある。「日本の臨床に即していない」という点が最大の欠点であると思われる。
 翻訳版にありがちな読みづらい邦訳も少ない。医学洋書の翻訳版としての正確さは傑出していると言える。その上サポートが充実しており、誤訳もホームページで確認できることもありがたい。
 医学生としてはややオーバーワークであるが、将来内科系に進もうと思うなら買っておくべき本である。医師国家試験の際の調べものにも使えるし、入局してからも使えるため、とことん役に立ってくれる。

Good

  • 初版刊行以来、世界最高、最強の内科学書として、揺るぎない地位を築き上げている。
  • 世界標準教科書の名にふさわしい充実した内容。
  • ハリソンに書いてないことはない。書いてないことがあったら覚えなくていい。
  • 臨床医になるのなら勿論、基礎医になるにしてもこれで得られた幅広く深い知識は必ず役に立つ筈。
  • 内科学を病態生理学的にきって、最近の研究成果まで 詳しく載っており、治療はあらゆる患者に対応した 方法が載っている。
  • 文句なしに内科学教科書の定番
  • 生にとっては読破するのは難しいという意見もあるが、学生の知的好奇心を満たしてくれる良本。
  • Cecilに比べれば哲学があるのが昔からの特徴である。
  • 版を重ねるごとに使い勝手が良くなる。
  • イラストは詳しくわかりやすく 診断を進めるときのステップを樹形図のように場合分け するチャートはすばらしい。
  • 純粋な学問として医学を楽しみたい人に最適。
  • 東大生の多くはハリソンを用いているらしい。

Bad

  • 重すぎて持ち運びができない。
  • 学生には内容が高度すぎるかもしれない。
  • 今はどの教科書もすぐれているので、昔ほどハリソン至上主義にならなくてもいい。
  • 短い文章のなかに病態の基本原理と最近の知見の両方を入れようとしているため、随所におもしろさはあるが、逆に難解な箇所も多々ある。
  • 朝倉内科学の方がまとまっていてはるかに使いやすく、図も画像もたくさんあって分かりやすいという人が多い。
  • アメリカで多い病気に重点を置いているため、日本の医学生が使うには不便なところがある。

朝倉かハリソンか

朝倉内科学かハリソン内科学か
アンケート

コメント

コメントはありません。 コメント/ハリソン内科学?

お名前: