解説

コメディカル向けに作られた南江堂の教科書。そのため、このシリーズは基礎医学の分野に重きを置いている。おおよそ300ページ程度にまとめられているため、通読が可能であり、医学生の定期試験勉強に用いられる。知識の量としては本来求められている量には及ばず、レポート作成には不向きである。

シンプル生理学シンプル生化学の人気が高い。2008年にシンプル内科学が発売されたが、臨床分野では医学生が使うには知識量が少なすぎる出来である。また、シンプル解剖生理学もコメディカルオンリーといった感じである。

シリーズ比較

基礎医学シリーズ比較

シンプルシリーズ一覧

書名ページ発売日価格Amazon
シンプル微生物学4562011/043,045円
シンプル公衆衛生学?3772012/032,520円
シンプル病理学3782010/113,045円
シンプル薬理学3422008/112,940円
シンプル生理学3622008/033,045円
シンプル生化学4142007/042,940円
シンプル解剖生理学?3682004/013,360円

コメント