概要

出版社リブロ・サイエンス
編集東田俊彦
分類簡易的教科書
ページ数200〜450ページ
価格帯3,800円〜5,500円
改定
分野1.循環器
2.呼吸器
3.内分泌・代謝
4.神経・脳神経外科
5.血液
6.免疫、膠原病
7.消化管
8.肝・胆・膵
amazon

解説

 リブロサイエンス社が発行している臨床医学シリーズ。歴史は大変浅く、2008年の中盤に第1巻が発売されたぐらいだ。この本の存在を知らない医学生も多いだろう。
 まず、このシリーズを説明するにあたって、リブロサイエンス社とは何かというところから説明する。リブロサイエンスは、医学生向けの教科書を出版している専門出版社である。2002年に設立された非常に新しい会社だ。そのため、この会社の作る教科書というのは質は高いのだが、知らない医学生も多い。有名な刊行物としては、共用試験対策シリーズ?が挙げられる。これはCBT対策本であるが、CBTよりも詳細な知識が掲載されているため、高得点を取りたい人に愛用されている。ちなみに、マイナー版はまだ出版されていない。掲載情報だけでなく、テキストのレイアウトも読みやすく工夫されている。
 今回のアイメディスンシリーズもその傾向を色濃く受け継ぎ、大変綺麗な作りとなっている。オールカラーであり、図の割合が多い。項目間が詰まっていないため、ぱっと見た目で何が書いてあるのかが把握しやすくなっている。文字数はSTEPシリーズよりも少し小さい印象を受けた。そのため、ページ数の割には内容量は多い。「肝・胆・膵」を一冊とするなど、情報量の多さではSTEPシリーズと同じかそれ以上かもしれない。監修は、MACの人気講師東田俊彦である。
 既存の簡易的教科書と比べるとSTEPシリーズに最も近い作りとなっている。内容量は同等だが、こちらのほうが断然読みやすいため、近い将来は「アイメディスン」がSTEPシリーズにとって代わるのではないかとも思ってしまう。。。。と思われたが、改訂が2012年頃で止まってしまっている。新興の出版社の限界なのか。とはいえ、まだまだ使える教科書である。

画像

テキストとカラーの図が7:3ぐらいで混じっている。行間もあり読みやすい。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 簡易教科書の中では最も詳しいです。最終的には好みだとは思いますが、内容が不正確な“STEP”や、図表がもう一つな“病態生理できった”にするくらいなら、“iMedicine”をお勧めします。個人的には“病気がみえる”が最も好きなのですが方向性が違うので本シリーズも併用しています。欠点は字が小さいことと箇条書きが多いことで、読み物としては少し読みにくいかも。あと、値段が少々高めです。色々な面で“病気がみえる”の対極に位置する簡易教科書であると思います。 -- 現6年生の感想? 2012-10-30 (火) 23:49:43
  • なかなか素晴らしい教科書だと思います。 -- 2019-03-31 (日) 20:24:26
お名前: